公益財団法人聖バルナバ病院

2021年度学生募集要項

募集人員

20名(推薦入学を含む)

応募資格

推薦入試・一般入試(共通)

  • 文部科学大臣または都道府県知事の指定の看護学校を卒業した者または卒業見込みの者
  • 外国の看護学校を卒業、または外国において看護師免許を取得した者で、厚生労働大臣が認めた者

推薦入試(公募)

  • 本学専願の者で、看護学校(看護師養成所)卒業見込みの者または、看護学校(看護師養成所)卒業後3年以内(2021年3月時点)の者

試験日程

試験区分 推薦入学試験 一般入学試験
募集人員 若干名 20 名(推薦入学含む)
出願期間 2020年10月 9日(金)~
2020年10月22日(木)当日消印有効
2020年11月16日(月)~
2020年12月14日(月)当日消印有効
試験日時 2020年11月 1日(日)
9時受付~13時(予定)
2021年 1月5日(火)
9時受付~16時(予定)
試験科目 ・小論文 ・面 接
・看護学
専門基礎分野 専門分野Ⅰ
専門分野Ⅱ(小児・母性)
・小論文 ・面 接
合格発表 2020年11月 7日(土)
郵送で合否結果通知
2021年 1月14日(木)
聖バルナバ助産師学院ホームページ
郵送で合否結果通知
試験会場 聖バルナバ助産師学院 大阪府助産師会館
3 階研修室・2階研修室

入試の状況

年 度 推薦入試倍率 一般入試倍率
2020年度 5.0 7.3

出願手続き

推薦入試・一般入試 共通 (どちらか一方のみを受験する場合)

  1. 入学願書:本学院所定の用紙
    出願前6ヶ月以内に脱帽して正面から撮影した上半身の写真(縦 4cm×横 3cm)
  2. 看護学校(看護師養成所)卒業証明書または卒業見込み証明書
  3. 看護学校成績証明書
  4. 受験料:25,000 円分の普通為替(受取人欄無記名)
    ※どの欄にも住所や氏名は記入せず、郵便局で受け取られたままの状態でお送りください。
  5. 受験票に写真(縦 4cm×横 3cm)を1枚貼付(願書に貼ったものと同じもの)
  6. 返信用封筒(長3)1枚に住所と氏名を明記して、簡易書留郵便料の切手404円分を貼付

出願書類は上記①~⑥を一括して書留郵便で送ってください。

推薦入試受験(不合格)後に一般入試を受験する場合

上記①~③不要

  1. 受験料:15,000 円分の普通為替(受取人欄無記名)
    ※どの欄にも住所や氏名は記入せず、郵便局で受け取られたままの状態でお送りください。
  2. 受験票に写真(縦 4cm×横 3cm)を1枚貼付(願書に貼ったものと同じもの) *受験票は推薦入試結果通知時に同封します。
  3. 返信用封筒(長3)1 枚に住所と氏名を明記して、簡易書留郵便料の切手404円分を貼付

出願書類は上記④~⑥を一括して書留郵便で送ってください。

注意:出願書類に不備があった場合は受付できません。提出された書類は返還できません。

年間学費

項目 金額 納期
入学金 300,000 円 入学手続き時
学費 内訳 授業料 400,000 円 一括納入または前期・後期分割納入
一括の場合
2021年3月末日
分割の場合
前期:2021年3月末日
後期:2021年9月末日
実習費 200,000 円
教材費 100,000 円
施設管理費 200,000 円

募集要項請求方法

140円切手を貼付し、住所・氏名を明記した角型 2 号サイズの封筒(返信用)を、表に赤字で「学生募集要項希望」と記入した封筒で下記の請求先に郵送してください。
折り返し要項を送付します。(6月初旬発送予定)
※請求は、なるべく願書受付期間終了日の1週間前までにお願いいたします。

請 求 先

〒543-0032 大阪市天王寺区細工谷1丁目3番地18号 聖バルナバ助産師学院

入学試験説明会

2020年度 入試説明会中止の知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、8月に開催を予定しておりました2020年度入試説明会を中止いたします。

楽しみにしてくださっていた皆様には大変申し訳ございませんが、安全を優先し、やむを得ずこのような結果となりました。
何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金制度とは

一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)、または被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額(上限あり)をハローワークから支給する制度です。
聖バルナバ助産師学院は、平成 27年4月に「専門実践教育訓練講座」に新規に指定、平成30年4月に再指定されました。

支給条件

在職中
受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
離職中
受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有し、離職後 1 年以内の方

2回目以降として受給する場合は、前回の受講開始日から当該専門実践教育訓練の受講開始日までに通算して 3 年以上の雇用保険の被保険者期間を有し、前回受給から 3 年以上経過している必要があります。

支給額

受講者が支払った教育訓練経費のうち、50%(年間上限40万円)が支給されます。さらに、受講修了日から一年以内に資格取得等し、被保険者として雇用された場合には 20%(合計70%、年間上限56万円)が追加支給されます。

教育訓練支援給付金

専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給できる方のうち、受講開始時に45歳未満など一定の条件を満たす方が失業状態にある場合には、訓練受講をさらに支援するため「教育訓練支援給付金」が支給されます。

「専門実践教育訓練給付金」「教育訓練支援給付金」の支給条件や手続きの詳細は厚生労働省のホームページやお近くのハローワークでお尋ねください。

厚生労働省 専門実践教育訓練の給付金のご案内 ハローワークインターネットサービス
専門実践教育訓練給付金制度明示書