公益財団法人 聖バルナバ病院

ご挨拶

  1. TOP > 
  2. ドクター紹介

聖バルナバ病院はその名に表されるように聖人バルナバ (「慰めの子」と言う意味)の「慰めと癒し」を精神基盤とする病院です。

この病院を訪れるすべての方々に「安心してその身を委ねていただき、 満足して診療を受けていただける万全の医療技術と心のこもった医療奉仕」を提供します。そして病院の医療行為を通してキリスト教の精神「愛と奉仕の心」を広く社会に伝え 人々の幸せに貢献することを目的とします。

院長成瀨 勝彦

2005年11月1日の新病院竣工し、婦人科疾患にも対応できるよう、マンモグラフィー、骨密度測定装置などを導入し、今までの伝統を守りながらも分娩だけでなく、女性のライフサイクル、即ち、生命の誕生から思春期の発来、性成熟期、更年期、老年期にわたる各ステージに出現する様々な問題を解決してゆくことをめざした診療体制を整え、「母と子の病院」から「母と子と女性のための病院」を心がけています。

尚、新生児科医の不足のため、当院では新生児専用の救急病棟(NICU)は閉鎖しております。
当院で管理困難な症例に対しては、産婦人科診療相互支援システム(OGCS)、及び新生児診療相互システム(NMCS)により高次医療機関に搬送させて頂いております。
今後とも安全でより質の高い医療を提供してゆけるよう、職員一同、自己研鑽を努めて参る所存であります。

資格等:
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本周産期新生児医学会専門医・指導医(母体/胎児)
母体保護法指定医
日本超音波医学会・超音波専門医
臨床遺伝専門医
<産婦人科医>      

アドバイザー北村 毅次郎

資格等:
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

アドバイザー
小川 雅彦

資格等:
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

医長岡田 伊津子

資格等:
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

名誉院長
産婦人科
濱田 和孝

資格等:
日本産科婦人科学会専門医
 

名誉院長
産婦人科
植田 充治

資格等:
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医

名誉院長
産婦人科
松尾 重樹

資格等:
日本産科婦人科学会専門医
母体保護法指定医
<小児科医>      

副部長永田 多恵子

資格等:
日本小児科学会専門医
 

濱田 和孝名誉院長 平成22年度産科医療功労者厚生大臣表彰を受賞しました。

平成22年度産科医療功労者厚生労働大臣表彰について

多年にわたり地域のお産を支え、産科医療の推進に貢献してきた個人、団体及び医療機関を対象として、各都道府県知事からの推薦に基づき、厚生労働大臣が功績顕著なものを表彰するものです。
⇒平成22年度産科医療功労者厚生労働大臣被表彰者名簿(PDF)

Copyright(C)St.Barnabas’Hospital.All rights reserved.